マイニングマシーンの価格低下について

マイニングマシーンがここにきて4月から割引価格での販売の動きを見せています。これは3月あたりまではビットコイン各種の仮想通貨の価格が値下がり傾向であったため、マイニング作業において利益を見込めないと判断し、マイニングに必要な機器類の価格も下がる傾向でした。しかしここにきて4月から再度価格が変動し高値となったため、マイニングマシーンに再度需要が集まりつつあります。しかしながら、マイニングマシーンはすでに市場に溢れており、余っている状態ですので現在においては割引をしてでも販売をしている会社も多く20パーセント前後の割引を適応しているマイニングマシーン販売店もあります。 これはマイニングを担うパソコンの装置の価格やマイニングマシーン自体が仮想通貨の価格と共に変動するという意味です。仮想通貨の価格が高値を維持していれば参加者も増え、取引についても流動性が生まれマイニング作業自体も盛んになり報酬が見込まれるためマイニングマシーンが大いに売れるのです。もちろん中古のマイニングマシーンの販売にも関わってくる問題ですのでこの4月はマイニングマシーンをセールをしてでも売り切りたいと考えているお店が多いのです。 何故マイニングマシーンを売り切らなければならないかですが、どうやら、仮想通貨の半減期がこの5月に訪れるとマイニングマシーン販売店は踏んでおり、半減期になるとマイニング自体の報酬も減り、仮想通貨の売買も鈍くなるため再度マシーンが余る可能性があるため、売り切りたいというのが考えとしてあるようです。 特に中古のマシーンの割引率が高く、その理由としては中古品のマシーンは方が古くなることで計算処理能力が最新モデルと劣るため、価格が安くなり、パソコンの様に複数の作業を担うことが出来る機器ではないため、価値があるのはマイニング作業だけであると限定的なため、早く売りさばきたいという意図があります。 特に中古は深刻な点としては、マイニングプログラムの仕様が変更されるなどをした場合、動作に影響を与えるものもあり、型遅れを購入する利点は値段のみです。値段のみでマイニング専用マシーンを選ぶため中古品にあえて手を出す人も少なく、新型のマイニングマシーンのほうが未だ需要があります。 ただ、中古のマシーンが使えないという意味ではなく、中古のマシーンの改良法を熟知していれば十分中古品を改良し、伊アマルマイニングプログラムに合わせることが可能なため、中古品のマシーンは全く需要が無いということではないです。